« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

田代不起訴という時限装置付発破爆弾 (Which Way You're Going )


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ


(マスメディアを使った)誤魔化しとウソと情報操作で、大衆を自分達の思惑通りに誘導するのが民主主義だと為政者達が考えているのだとしたら、その考えは最早通用しなくなりつつあるし、インターネット時代になり情報ツールも増えて、マスメディアの垂れ流す情報を鵜呑みにせず独自に情報収集・知識集積する、増大した“あたらしい大衆”の側からすれば、そうした旧来の手法は、嫌悪と憤怒を増幅させる対象でしかない。

消費税率引上げ法案を是が非でも実現したいと言うのなら、本質的で根本的な経済政策論や財政論、将来的な社会保障制度論が国民衆目の前で侃々諤々(かんかんがくがく)となされるべきだが、国会でも新聞・テレビなどのマスメディアにおいても、そのような腹積もりはハナから無いようだ。

それどころか、「社会保障と税の一体改革」というまるきり出鱈目の嘘っぱちが国民にバレバレになって来たと思ったら、本質的な議論に還る代わりに、<外圧を利用した脅し>という、これまたバレバレの旧来手法を今更ながらに繰り返す浅ましさである。まったくもって往生際の悪い連中だ。

先週5月22日に欧米格付け会社フィッチ・レーティングが性懲りも無くまた日本の円建て長期国債の格付けを、「ダブルAマイナス」から1段階引き下げ、「シングルAプラス」とし、さらに見通しを「ネガティブ(弱含み)」、「新たな財政安定化策がなければ、さらに格下げの可能性がある」とした。

だから消費増率引上げ法案の成立が急がれるのだ、と言いたげなニュースである。海の向こう経由の財務省の念の入ったいつもの腹話術であるが、結局正攻法の議論で国民を説得出来ないしする気も無いものだから、この期に及んでも、喧嘩に勝てない子供が親を引っ張り出してくるような姑息な手法しか、彼らには思い浮かばないのだろう。格付け会社しかり、IMFしかり。

そもそも日本国債より米国債の方がランクが上という時点でまったくの茶番に等しいこの格付け会社のランク付け、しかもサブプライムローン絡みの債権をトリプルAの高ランクに格付けしておいて、リーマンショックを引き起こし世界経済を混乱させたのもこやつ等なのだから、泥棒にわざわざ意見を聞いて、それをありがたく拝聴しているようなものである。

暗黒NHKの『ニュースウォッチ9』を始めとするマスメディアも相変わらず、こうしたニュースを何らの疑義も挟む事無しに、権力の走狗よろしく垂れ流すキモチワルさであるが、なかでも暗黒TBSの『ニュース23クロス』などはこのニュースにタイミングを合わせたかのように、わざわざ日本売りのヘッジファンド、ヘイマン・キャピタル・マネジメントのカイル・バスへのインタビュー特集を組むという用意周到なキモチワルさであった。

カイル・バスは「今後2年以内に日本国債は暴落し、長期金利は10%以上に跳ね上がる」という従来からの持論を繰り返すのだが、この人が以前からしつこく主張する“日本国債暴落説”の暴落時期が、話を聞く度に段々後ろにずれて行っている。

昨年11月30日付で顧客に送った『日本国債にも危機迫る』レターでは「今後数カ月以内に日本国債が危機に陥る可能性がある。」と警告、その後12月27日現代ビジネスでは「12ヵ月以内に日本が倒産すると断言」、今年に入って1月29日の日本経済新聞電子版では「日本国債バブル18カ月以内に崩壊する」宣言、そして今回は「今後2年以内に・・・」という目まぐるしさであり、これで顧客の信頼が得られるのなら楽な商売だ。

まさにオオカミ少年を地で行く感じであり、(ちなみに『財務省「オオカミ少年」論』という本も在ります)、この人はリーマンショックを予言した人などとして崇めたてられているようだが、要するに自ら引き金を引き大声をあげて扇動、売りを浴びせて暴落した時には買いに回って利益確定・大儲けという自作自演劇を、今度は国債市場を舞台に実現してやろうというポジション・トーク野郎なのであろうから、そうした背景の注釈を『ニュース23クロス』は賢明なる“あたらしい大衆”の視線にビビッたのか一応最後に一言述べていたが、前述の暗黒日本経済新聞の記事などの場合には、そうした注釈は一切無いのだからやはりキモチワルい。

確かに今の長期国債金利は10年物で0.8%位とかなり低く、この水準が未来永劫続くなどと考えるのは安直だが、実際問題アメリカを始めとして他国の国債の実質的信用度が日本国債より押し並べて低い為にそのような金利になっているのであり、日本国債の金利が10%以上になる時には他の先進国はそれ以上に酷くなっていて、世界経済全体がおそらく破綻しているだろう。



今そこにある問題としての経済政策論、財政論においてこのように本質的な議論(財政再建の為にも今消費増税することは逆効果だ、他に方法がある、と反対派は主張している)を回避し、“無知なる大衆への脅し”という旧来手法を繰り返すしか能が無いのが暗黒マスメディアの惨状だが、話変わって土曜26日の夕方、彼らのなかでは比較的まともな報道が多いと言われるTBS『報道特集』が、「運転手はなぜ眠ったか?居眠りのメカニズム」と題して先月末に起きた関越道バス衝突事故をあらためて取り上げていたが、この切り口にも疑問符が付く。

番組は7人もの死亡者を出した痛ましい事故を踏まえ、深部体温の変化による夜勤者を襲う早朝の睡魔や睡眠障害の危険性、あるいは最新の居眠り運転防止グッズの紹介などに意を尽くすのだが、勿論それらはそれらで有益な情報であるにしても、ジャーナリズムが真に問わなければいけない問題の根源は、別な所に在る筈である。

逮捕された運転手は数百キロの長距離バス運転で日当一万円のアルバイト、みずからもバスを所有しての自営業との兼業過重労働の果ての惨事であった。そして事故を起こしたバス会社・陸援隊の社長も、過去に白バス営業で警視庁に摘発されたことがあるそうである。

このような業界実態が横行するようになったそもそもの原因が、小泉政権下の2002年に進められた道路運行法の改定に在ることは明らかである。

「ツアーバス事業を旅行会社に全面解禁。路線バスと違って、料金や運行区間も自由に設定できるようになった。その結果、格安ツアーが急増し、旅行会社からの運行依頼を狙って、新規参入の貸し切りバス業者も爆発的に増えていった。」

「安全面をおろそかにする」「格安ツアーバスの過当競争」状況を招いた政策がそもそもの元凶なのであり、「小泉の無軌道な規制緩和路線」の弊害が、自殺者の増加を含め、社会の様々な領域で噴出しているのである。(以上「 」 部、バス衝突事故の元凶 小泉純一郎を国会招致しろゲンダイネット 5月1日より引用)

そして当時、この小泉・竹中の“規制緩和・構造改革”路線を手放しで賛美し、礼賛し、国民を煽って推進させたのは他ならぬマスメディアなのであるから、その事の深い深い内省と自己批判から始める決意なくして、現在の報道・ジャーナリズムというのは、右にも左にも立ち行かない筈である。

それがどうであろう?

過去に対する内省も無いから、今ここに在る未来的課題にも真剣に向き合えない。

そして有るのは既得権益者としての自己保身だけである。

この番組でも最後に金平キャスターが「社会的背景も考えねばならない」と一言コメントしていたが、最後に一言チラッともっともらしいことを言えば、それで自分達の役割は充分果たしたとするのが、最近のマスメディアの流行なのか?オイ古館伊知郎よ?



ここがお前達の岐路だ。最後のチャンスと言ってもいいだろう。

“あたらしい大衆”がいま最注視している、刑事告発された田代政弘検事とその上司たる特捜部幹部達の起訴問題がその核心だ。なぜならこの3年にも及ぶ小沢一郎の周辺を巡った“陸山会事件”こそが、国家権力とそれと結託したマスメディア権力との腐敗の極限現象、暗黒の最暗部を炙り出すものに他ならないからだ。

検察内部での逃切り謀略派と自浄再建派との暗闘があるようであるが、謀略派は暗黒朝日新聞暗黒読売新聞と繫がってしきりに田代不起訴に向けてのブラフ記事を打ち出し続け、昨夜のNHKニュースに至っては、そもそも起訴か不起訴かというこの大問題から国民の意識を乖離させたい意図が見え見えで、

「田代検事を懲戒処分にする方針を固めた模様」(こちらを前面に出す)という、ニュースを、「一方、検察は、問題の捜査報告書の作成が意図的だったとまではいえないとして、検事らの刑事責任は問わないものとみられます」(附記事項)と後尾に添えて(というかこの部分web記事にはそう有るが、放送ではCUTしてるな。血迷ってる?)、しかも日曜夜の30分ニュース番組の終わり近くになってサラッと報じる不自然さは、それこそコソ泥が抜き足差し足忍び足で犯行現場から逃げ去ろうとしている呈の、何とも形容し難い卑しさである。

田代不起訴を一番望んでいるのは、検察よりもむしろマスコミであろう。起訴ともなれば、それを基点としてのこれまでの捏造報道の数々の徹底的自己批判検証無しには許されない。一方もし不起訴などという事になれば、“あたらしい大衆”は検察を許さないだろう。

腐敗しきった暗黒勢力の末期(まつご)の抵抗が田代らの刑事告訴を巡って、まさに今暗闘しているわけだが、彼らは徹底的自己批判による組織浄化という、唯一残された最後の再生の道をみずから否定して、あくまでも阿漕(あこぎ)で悪辣な抵抗の道を選ぶのであろうか。

それは腐敗した組織の破壊を時間的に少々引き伸ばすことにはなるかも知れないが、抵抗が大きくもがけばもがくほど、最終的な破壊の程度は甚大になるというのが、物理の法則というものである。



5,4,3,2,1・・・
9_11_2


Robbie Rivera - Which Way You're Going (Club Mix)



にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村



2012年5月15日 (火)

「小沢氏限りなく黒に近いグレー」「控訴は当然」というおバカさんは採用しない事に上司が決めました。-温泉娘

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ


ようやく、私の働いているホテルでも、ポツポツと客が戻り始めました。 それでも原発事故以前に較べれば半分以下。 リストラで大幅に減らした従業員数を少し増やす事になりました。

どんな人を求めるか?ということで副社長以下幹部が集まって議論をしました。 やる気がある人、忍耐力のある人、外国語が出来る人、放射線汚染問題に知識がある人、あれこれ条件があげられましたが、見識の有無と頭の良し悪しの判断について、副社長が面白い事を言いました。

面接で陸山会事件について意見をたずねてみたら良い、というのです。 無罪判決や指定弁護士の控訴に話を向けて、どう言うか? 

ボスは「新聞やTVの報道を鵜呑みにして、見出しになったような文言を言う人は駄目だ。自分なりにきちんと調べて考えて意見を言う人じゃないといけない。」と言います。

「今、我々は風評被害で塗炭の苦しみを味わっている。 ここは放射線測定値は首都圏と変わらないのに、福島県だというだけで敬遠する人が多い。 真実の実態とはかけ離れたイメージに染められて苦労をしている。 そういう人達が持つイメージを何とか払拭して来て頂く立場の当社に、物事を自分で丹念に調べず、考えもせず、風評を信じ込んで挙句の果てにその風評をさらに広めるような人が向いているわけがない。」

「無罪が当然だ、控訴はおかしい、と言う人ならOKというわけではない。 そう考える理由もきちんと言えなければいけない。 ただ、大方のマスコミの報道とは、逆の事を言っているわけで、そう言う人は大抵は自分で調べて考えた結果だから、理由を言えるだろう。」

「反対に、有罪だ、控訴は当然と言う人がいて、きちんとその根拠を自分の論理と言葉で言えるなら、そういう人でも良い。 しかし、理由が『新聞の見出しが』とか『TVのコメンテーターが』と言うなら、断じてそんな人は要らない。 そんな人に、我々と一緒に風評と戦う事などできるわけがない。」 

久しぶりにボスのボスらしい発言にチョーカンドーしました。

ちなみに、私も面接官の一人になります。 応募は順調なので、面接が楽しみです。

(以上、★阿修羅♪掲示板 5/12 「小沢氏限りなく黒に近いグレー」「控訴は当然」というおバカさんは採用しない事に上司が決めました。 投稿者:温泉娘 より)




阿修羅コメント氏にもあるように、面接の採用基準にメディアリテラシーを考慮するというのは、今の時代非常に有用な方法だろう。

その人の知性と見識のみならず、行動力なども推し量れそうだし、特に陸山会“事件”の場合などには、基本的人権の蹂躙(じゅうりん)だとか、メディアスクラムによる一政治家の政治活動に対する暴力的かつ執拗な妨害だとかいう、民主主義と国民主権の根幹に触れる“危機”的問題がその“事件”の本質としてあるわけだから、

それへの反応を見ることは、“危機”に対するその人の動物的皮膚感覚みたいなものも自ずと知れることになるわけで、企業面接においてはまさに格好の題材だろう。危機意識が薄弱で常にのほほんとしているばかりの人間は、今の時代どの企業でも採りたくないはずである。

それに何より“時代に取り残されている人”を採用しなくて済む訳だから、福島県内の観光企業に限らず、あらゆる企業にとって、役に立たない人材を抱えるリスクが大幅に減ることになる。


来週5月22日には東京スカイツリーがオープンするが、あれなどもまさに今、時代に拒絶され死に絶えようとしている、地上テレビ波独占企業群の為の巨大な墓場的モニュメントのように思えてくる。

20世紀後半から21世紀初頭にかけてという或る特定の一期間に栄華を誇った、
【テレビ教】という現代カルト一神教の最期を飾った記念碑的墓標(宗教的遺跡)として、後世に記憶されるのだろう。数年後には「テレビが地獄の谷底に堕ちていった年に建てられた電波タワーです・・・」と観光ガイドがアナウンスしているのではないか。

しかしあらゆる企業が上記の面接方法を採用した場合、“おバカさん”は行く所がなくなってしまうのではないかという懸念があるが、その点は心配ないだろう。

落ちぶれて信者数が激減し五流カルト宗教団体と化した朝日新聞や読売新聞、日本経済新聞や毎日新聞、産経新聞、それにNHKやテレビ朝日、日本テレビ、テレビ東京、TBS、フジテレビといった企業団体に行けば、それらの人を暖かく迎え入れてくれるだろう。そして益々誰も見ないおバカ度の増した記事や番組を制作して、おバカ同士で回覧すればよいのである。

その時にはオレでも望めば大手の新聞社やテレビ局に入社できるようになるだろうが、道を歩いていて●を投げつけられたり、家に●を点けられたり、子供が学校でリ●チに遭うようになっては厭なので、やめておく。



※これから福島県の観光業界を受けようと思っている人は、せめてこれぐらい読んでから面接試験に臨んだ方がいいかも。

鳥越俊太郎氏「検察審査会というシステムを見直す必要ある」 5/8
小沢氏起訴した検察審査会が抱える「7つの重大疑惑」を紹介 5/9
控訴決定 小沢謀略裁判継続 5/9
小沢一郎の反撃を望む声 奇怪千万小沢裁判の黒い背景 5/12
小沢氏控訴を『市民感覚』という岸井成格の大ウソ 5/14



※この記事の関連記事
上原美優さんは二度殺された。 (幻想工学の前衛基地 ・日本テレビの本質)




にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

2012年5月12日 (土)

Mr. Saxobeaaaaaaat !



にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ


暗黒司法?いいえ、暗黒国家です。

尻に火のついた悪魔達が、ついに阿波踊りを始めました。

どうせ死ぬなら踊らにゃソンソン。音頭取りが仙石由人というのなら、
良く出来た漫画だが・・・。

今年に入ってブログの壁紙が変わったあいば達也氏、あるいは酒を手控えているのであろうか(笑)、5月10日付記事の筆致が冴えている。熟読すべし



指定弁護士が控訴?フーン。

検察が自分達の体面を守るために無理筋を承知で控訴というのなら有り得そうな話だが、検審起訴裁判で只の代理人に過ぎない指定弁護士が控訴するというのは、一体誰の為なんだろうね?しかも被害者も何もいない瑣末な形式犯の有無を問う裁判でさ?一審判決直後の記者会見でもお互いに顔を見合わせて「控訴審は勘弁だよな~」という空気感全開だったのが、どういう風の吹き回しで豹変したのかね?

まあ、主謀者が海の向こうだろうが、腐れ司法官僚を中心とした取り巻き勢力だろうが、この際どうでもいい。まとめて面倒見てやろう。海の向こうはどうせ尻尾をあらわしゃしないし、先ずはあいば氏の言う通り、これほどまでに鼻先で愚弄されたのである、心置きなく国内クズ勢力を一掃して、「米国からの独立と自らの足で立つ、自己責任の日本政治の確立(すること)が急務なのである。 」そして海の向こうと向き合うことだ。


クンクンクンクン、燃えているのが自分の尻とも気付かず、何かが焼ける甘やかな匂いに誘い出され、この機を窺っていた悪魔の手先の先鋭どもが、ここぞとばかりにしゃしゃり出てきて、見るに堪えないへっぽこ踊りを始め出す。

やれ証人喚問だ、説明責任だ、国民の理解が得られない、云々。

暗黒NHK(キモチワル・・・)の『ニュースウォッチ9』大越健介は控訴決定の当日、したり顔で「国会の場と司法の場のニ正面から、あらためて説明責任を問われることになります。」などと解説垂れていたが、悪魔の論理にそもそも「正面」などというものは存在しないだろうに。正義と真正面から対面したなら一瞬のうちに燃え尽きて塵と化すのが、悪魔の業である。だから謀略裁判の内実についても一度たりとも正面から向き合わないし、どこまでも国民に嘘をつき続ける。

控訴決定に喜びを隠せないCIAパシリ印刷局(キモチワル・・・)読売新聞の以下のような希望的観測記事なども、われわれが意に介する必要などまったく無いものだ。


小沢氏、あわただしく自宅へ…復権戦略練り直し


民主党の小沢一郎元代表の陸山会事件をめぐる裁判の継続が決まったことで、9月の党代表選への元代表の出馬は困難になったとの見方が党内で強まった。

元代表の「復権」戦略は早くも練り直しを迫られることになった。

元代表は9日昼に東京・赤坂の個人事務所で側近議員と今後のグループの活動などについて協議した。しかし、正午過ぎには、あわただしく東京・深沢の自宅に帰り、午後の日程はすべてキャンセルした。

元代表に近い鳩山元首相は9日、「(控訴は)全く想定していなかった。残念だ」と記者団に語った。

小沢グループ内では、元代表の復権に向けて強気と弱気の声が交錯した。元代表が会長を務める「新しい政策研究会」のメンバー約30人は9日、緊急会合を開き、10日に抗議声明を出す方針を決めた。同会事務総長の東祥三元内閣府副大臣は記者会見で、「無罪は無罪だ。党員資格停止処分が解除されたから、今まで以上に日本再生に向けて全力で活動しないといけない」と強調した。

ただ、国会内の元代表の事務所に駆け付けた若手女性議員は「力が抜けた」と肩を落とした。

控訴審は来年まで続くとの見方が出ており、「裁判しながらの代表選は困難だ」と見る向きも党内には多い。仮に代表選に勝利しても、刑事被告人のまま首相の職責を果たせるのか疑問視されているためだ。

(読売新聞 5月10日)



「刑事被告人のまま首相の職責を果たせるのか疑問視されている」?その前に暗黒謀略裁判の実態全容が次々と国民衆目の前に明らかになって、読売新聞の職責と存在意義の方がよほど疑問視されるようになるだろうことを、心配した方がいいだろう。

「若手女性議員」が「力が抜けた」と言ったのは、読売はわざと曲解しているが、指定弁護士のトンデモ控訴の度し難い阿呆らしさに、思わずズッコケタということだろう。



私は元代表の控訴の件は国民の指定弁護人への疑惑や不信が高まっただけで「復権シナリオ」とやらが遠ざかったなどとは微塵も感じていない。意気消沈してる議員が誰だか知りたいものだ。これで得した人は誰もいない。消費増税の造反?マスコミの表現はおかしい。マニフエストを守るのは造反ではない。



マスコミの声は、国民の声ではない。国民を不幸に陥穽させる悪魔の声である。マスコミの死出の火炙りヘッポコダンスに付き合うほど馬鹿馬鹿しいものはない。

祝・国民政治家小沢一郎、党員資格停止処分解除!

悪魔達はこのトンデモ控訴で小沢一郎の座敷牢からの解放を食い止めたように思っているのだろうが、大間違いだ。

小沢一郎もそして彼を支える民主党議員達も、毅然として堂々と政権奪還の道を歩め。無罪推定の原理も弁えないキチガイどもが発狂したように何を喚きたてようが、一審無罪判決の事実は重い。追い詰められているのは奴らの方だ。

小沢一郎は堂々と9月の代表選に出馬すべきだ。悪魔どもはいよいよ発狂して「道義的、政治責任」などと自分でも意味の分かっていない言葉を持ち出して騒ぐのだろうが、国民の大半はそんな奴らにこそもう心底ウンザリしているのだ。オニキモオカマちゃんの朝日新聞あたりは多分、「あいた肛門がふさがらない」とでも嘆くのであろう。

小沢一郎の政治活動は何ら制約を受ける謂われはないし、それどころか、悪魔達が誰の目にも明らかな卑怯なる窮余の愚策を弄したことによって、却って今まで眠っていた大いなる存在達までもが真実の声の方に目覚め、大地より出で解き放たれいくことになるだろう。つまり彼らの最も畏れていた事態が起こるということだ。

キチガイどものこれ以上のヘっぽこ踊りは、国民に憎悪と嫌悪しかもたらさない。植草一秀氏も言っている。 「弘中惇一郎弁護士の真実を見つめる透明な眼と、指定弁護士の死んだ魚のようなくすんだ眼をよく比較していただきたい。目は口ほどにものを言う。本物と偽物を見分ける眼力が重要である。」

国民の大半はすでに気付いている。その数は今後増えることはあっても、減ることは無い。




前回記事に5月5日付で野郎どものWARRIOR’S SONGを紹介したので、今日は悪魔に捉われていたLADY達の大地母神を、今風に呼び覚まし、解き放してみることとしよう。

Alexandra Stan - Mr. Saxobeat  (Live)





サクソビーツ/アレクサンドラ・スタン

Saxobeats_





これ見てると、カルト一神教的な世界観にかなりの部分毒されている感のあるハリウッド・エンターテイメントの現況に比して、まだしもヨーロッパの芸能の方が、健全なるプリミティブへの回帰志向を保持しているように、オレには思えるな・・・。(サルコジも退陣だし。)

もちろんわれわれ日本人も、その先を行かねばならん。


HEY, SEXY BOY !
Mr.saxobeat



(小沢軍団、全くひるんでいません。・・・新政研H.P


※追記:われわれひとりひとりがそれぞれ小さなMr.Saxobeatとなって、大地母神に
働きかけていくことも肝要ですな。優しくネ。


にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »